審査基準の裏事情。

審査に通りやすいタイミングがある

キャッシングの審査は、様々な部分を見て判断しているのですが、一般的に知られているのが、収入と他のローンでトラブルがなければ通る可能性が十分ある点です。 実は審査基準の裏事情として、通りやすいタイミングが存在しています。 本来なら申込するタイミングが影響することはないのですが、しかし、ごく一部の会社ではタイミングにより通りやすいことがあります。 新規利用者が少ない時は、利益にも大きく影響してきますので、できるだけ増やそうとすることがあります。 増やすためには、今までの審査よりも多少甘くすることがあり、総量規制内なら無理することさえあります。 他でローントラブルしていたとしても、収入面が多少優れていれば審査が通ることも極稀にあります。 どのタイミングが通りやすいのかは公表していませんのでわからないことですが、条件が悪いのに通った人は通りやすいタイミングで申込した可能性があります。

条件が良くても落とすこともある

収入がよく他でローンをしていない人は、条件が良いのではと感じるのですが、実は違っています。
30代や40代の人で、条件が良くても落とされてしまうことがあります。
なぜ落とされているのかですが、それは情報がなさすぎるからです。
審査する時に使用されているのが個人信用情報です。
個人信用情報で情報が何もないと、安心して貸すことができるのではなく、不安を感じてしまうようになります。
個人信用情報は、ある一定期間を過ぎれば情報が消えるようになっていて、ローントラブルをした人でも情報がなくなります。
20代ならローンしたことがない人も多いため不思議ではないのですが、30代を超えたあたりから、情報がないと何かしらのトラブルがあり借りられなかったのではないかと疑うようになります。
そのため危険だと判断されてしまう場合もあるので、条件が良くても落とされることもあるので覚えておきましょう。

© Copyright Examination Card. All Rights Reserved.