安易に考えるな、キャッシングの恐怖!

計画的な返済を考えないと後が大変

クレジットカードやカードローンでキャッシングするには、できるだけ無理のない金額を借りて、短期間で返済するのが基本です。たいていの場合は、低めの限度額に設定されることが多く、最も高い貸付金利が設定されるのがほとんどです。年利が14%前後~18%前後になり、利息が日割りで計算されます。
利用限度額内で何度もキャッシングできるのがメリットですが、一括で支払えない場合は、リボ払いでの返済になる所がほとんどです。毎月の支払額が、残高によって金額帯が決まっているために返済額が分かりやすいのはメリットです。しかし、元金と利用残高にも利息が付く複利になりますので、返済期間が長くなるほど利息が多くなり、支払金額が多くなることが想定されるでしょう。後先考えずに借りていると、利息の金額が多くなり、知らぬ間に利用限度額に達することもあります。知らぬ間に返済が難しい状況に陥ることもあり、十分な注意が必要です。

返済計画を立てて有効利用を

キャッシングは使い方を間違わなければ非常に便利で、急な出費にも役立てられます。まず、借入をする前に相手先の金融機関のサイトにあるシミュレーション機能を使って、返済金額や回数を確認することを勧めます。返済する金額から利息の額がある程度分かる場合もあるので、月々の返済計画を立てやすいでしょう。
ほとんどの金融機関では、約定日の返済以外に、事前返済や増額返済等の随時返済にも対応している所が多いです。会員専用サイトから振替返済の手続きをしたり、ATMから随時で返済できたりする仕組みを取っていて、ボーナスや臨時収入が入った等の余裕がある時にいつでも支払えます。随時返済をした場合は、元金部分を減らせるので、リボ払いの場合は返済期間を短縮することも可能になり、支払う利息を軽減することも可能になるでしょう。総支払額を少なくするのに効果があるので、積極的な利用を勧めます。

© Copyright Examination Card. All Rights Reserved.